スポンサーリンク

こんにちわ(^_^)

 

森林公園びふかアイランド、3話目。

前回、まさかのテント紹介で終わるという、キャンプ場レポの風上にも置けない記事を書いてしまいましたので、今回は森林公園びふかアイランドの魅力を存分に語る回にします!(多分…w)

キャンプ場内にある、カヌー乗り場で我が家にとっては初挑戦のカヌー。

みんなで力と呼吸を合わせて少しずつ進む、そんな水の上での経験はそうそうできるものではないのでは?そんな体験が、公園のボート感覚で味わえてしまう「びふかアイランド」さんに脱帽です。

 

様々なアクティビティで楽しめる「びふかアイランド」にはカヌーもある

カヌーの前にまずはこれ!

無事2つのテントを建て終えたオジさんは、「すこしゆっくりしてていいよ~」のお言葉に甘え、義母とかる~く乾杯。

その間、母子2セットは楽しみにしていたソリすべりへGO!

前日までの雨の影響で、人口芝生の外側部分(土のとこ)がグチャついていたらしく、帰ってきたときには数名に被害がΣ(-᷅_-᷄๑)着替え必須です!皆さんも雨翌日の際にはお気をつけください

人工芝ソリ
この写真は去年のものです
人工芝ソリと空
こちらも去年のもの。いい写真だなあ(*´-`)うちの息子と義姉

カヌー乗り場はすぐそこ!

小一時間ソリすべりを満喫した子供たち、まだまだ元気いっぱい!

というわけで、いよいよお待ちかねのカヌー体験へGO!(少々お疲れ気味の義母はテントでお昼寝タイム)

 

まずは、管理棟に電話。なぜなら、カヌー乗り場に人が常駐しているわけではないため。

今回はすぐに対応していただきましたが、混んでいる時には待つ可能性もあるかもしれないので、事前にお電話しといたほうがいいかも?

無事予約の完了した一向は、サイトから徒歩2・3分にあるキャンプ場内のカヌー乗り場へ٩( ᐛ )و

小さい四角がわれわれの設営場所。近い!

カヌーも安かった!さすがのお値段設定!

カヌー乗り場に到着すると、なにやら人影が…。どうやら担当の方らしいのでお支払いを済ませます。

 

そのお値段、なんと!

1時間 大人(18歳以上):700円 子供(中学生以上):500円   小人(4歳~小学生):300円 

追記〜美深アイランドHPに記載されている金額とどうも違うようなので、管理棟に電話で確認してみました。

「コスモスカヌー企画」というところが運営しているそうです。管理棟に連絡すると、携帯の番号を教えてくれます(^_^)

 

安くない!?ちょっと試しにやってみたいなという人には最高のお値段です。実際、カヌーで川くだりとかラフティングとかになってくると、安くてもこの10倍はかかってきますのでね(^^;)

ライフジャケット完備。レクチャーもしてくれて安心

担当のオジさんがまず用意してくれたのがライフジャケット。子供用は股下で固定できるベルトが付いているので安心

4歳娘的にはお相撲さん気分らしい。それにやさしく付き合ってあげる姪w

全員準備完了したら、それぞれにパドルが手渡されます。これも大人用子供用があります。

子供+長いもの=魔女or年寄りのマネ。年寄りのマネは誇張が激しすぎですε-(´∀`; )

オジさんがものすごく簡単なレクチャーをしてくれます。「ボートの上で立たない」とかですけど…(笑)なにより面白かったのが、「あとは実際漕いでみて!そのうち慣れて、わかってくるから!」という発言。このざっくり感もびふかアイランドの良さと言えるでしょう(*´-`)

 

スポンサーリンク

いざ湖面へ!

「どんなカヌーかな~」と思っていたら、想像の斜め前を行くものが登場!

手作り感、ハンパ無いって!

まさかの2艘連結式!!これなら、転覆の可能性は薄いね。レクチャーがザックリな訳だ(笑)

一同、驚きと笑いをこらえながらも乗船完了。ちなみに、長男が命名した男の子(?)チームと女の子(!?)チームに分かれましたいざ出発ーー!!

カヌー
こちらは男の子チーム
こちらは女の子(…?)チーム

「いーち!にーい!」とまだまだ純粋なお子達が掛け声を上げながら進むなか

ごーいんぐまいうぇい。この先も強く生きていくことでしょう、父は安心ですw

最初は曇天だったのですが、じわりじわりと晴れ間が出てきて、こんな素晴らしいショットが撮れました!

力を合わせて突き進む感がでる兄妹(甥&姪)

私たち夫婦の結婚式に出席してくれたときは、4歳と1歳。わんぱくボンズとよちよち歩きのおチビちゃんでした。そんな二人がこんなにおっきくなって…。゚(゚´Д`゚)゚。などと一人感動でウルウルする、涙腺ゆるみ気味の34歳。

こんな後姿が見れるのも、連結式ならではかもしれませんね(笑)

担当のオジさんいわく、「まあなかなか行けないと思うけど、橋の向こう側まで行かないでね~」とのこと。基本、負けず嫌い集団の一行は、こう言われると燃えます!行からいでか!

オジさんの期待(?)に反して、湖をぐるーっと1周して無事帰還いたしました

最後に

とってもよい経験をして、子供たち大人も大満足!

さらに、とっても気さくな担当のオジさんが写真を撮ってくれました(^_^)

川くだりやラフティングのような、ドキドキ・ワクワク感はあまり無いかもしれません。ただ、「小さな子供を連れてできるアクティビティ」としてはもってこいの手軽さだと思います。公園のボートとは一味違う、自然と触れ合ってる感もあるかな~と個人的には思います。おすすめスポットとしてご紹介させていただきました

 

かなり長くなっちゃいましたので今回はここまで!

まだ、1日目始まったばかりで第3話終了とは…。なんだか長くなりそうな予感(笑)

次回お楽しみに!

スポンサードリンク