スポンサーリンク

こんにちわ(^○^)

北海道はすっかり秋を迎え、紅葉シーズン真っ只中です。

今シーズンはもうファミリーキャンプは諦めたので、今回は登山のお話。

日本で最も早く紅葉を迎える、大雪山系・旭岳

いつものおヒゲの店長と二人で、9月末に行ってまいりました!「行ってみたいな〜」と常々思っていた、中岳温泉も体験して大満足の1日となりましたよ〜。

日本で一番早い紅葉を見に!大雪山系・旭岳へ

ロープウェイで姿見池へ!人生初の雲海

またしても朝5:00出発という、低血圧には地獄のようなスケジュールで旭岳ロープウェイへ出発!

前日までの予定では黒岳〜御鉢平一周を予定していたのですが、交友関係激広の店長が、前日に登った方からの「旭岳が仕上がってる」との情報を得たそうで、急遽旭岳に行くことに。ちなみに黒岳周辺は午後の天気も怪しいらしい。

→ヒゲ店長曰く、山の天気は午後に向けて悪くなることが多いらしい。太陽熱で温められた空気が山の方に上昇して、山頂付近の冷たい空気とぶつかることで雲が発生するんだそうな…。

天気に恵まれ、ロープウェイ乗り場から見えた、朝日に照らされる旭岳が美しいです。

紅葉真っ只中の旭岳。平日にもかかわらず、始発のロープウェイは満員御礼!3密もクソもありません(笑)

→旭岳ロープウェイの皆さんの名誉のために言っておきますが、もちろん感染症対策はバッチリです!本来乗れるはずの人数を削減し、手の消毒、乗車時のマスク着用は義務付けられています。マスクは売店にも売ってましたが、もちろんお山プライスですので、あしからず。

標高1100Mの旭岳温泉から、旭岳の五号目にあたる1600Mまで、ロープウェイで約10分。ちなみにロープウェイ車内も感染症対策で、換気窓が開いているため、激サムです。

ロープウェイの道中、大きな窓からこんな景色が!!人生初の、雲海にテンションが上がる30代後半(笑)

写真だと伝わりにくいのが辛いところ

山頂付近は氷点下?最高の景色がお出迎え

ロープウェイを降りると、びっくりするくらい寒い!(姿見池周辺散策でも上着必須です)

よ〜くみると、高山植物に霜が降りています。恐らく朝方には、氷点下にまで気温が下がったんでしょう。

標高が100M高くなると、0.6度下がるらしいので、1600Mだと単純計算で−9.6度!そら寒いわ(笑)

6:50 登山開始!

姿見池の周辺はガスがかかっていたので、残念ながら撮れませんでしたが、「鏡池」という別の池ではバッチリ!

朝日に照らされる「逆さ旭岳」が綺麗でした〜(*´꒳`*)

後ろを振り返ると、夫婦池のもう一つ「擂鉢池(すりばちいけ)」越しの雲海。もう最高です…。

この辺りも、若干色付いてきてますね〜(^_^)

雄大な景色に見惚れる、姿見池周辺から出発したばかりの私。まだまだ元気そうです。この後とんでもない目にあうとも知らずにw

裾合平を離れ、いざ当麻乗越へ!

体力が落ちすぎてて、ヤバイ…

実は、9月上旬に体を壊し、1週間くらい寝っぱなしの期間がありました。現在、またしても体が腐りきっています(笑)

7月に行った赤岳〜白雲岳の時とは、しんどさが全然違う…。

早くも「ハァハァ」と息が上がり、店長についていくのがやっとです。道中こんなに素敵な景色が広がっているのに、あまりみる余裕がないほど。

初心者、川を渡る(動画ありw)

中岳方面へ向かう道と、沼の平方面へ向かう道の分岐点である「裾合分岐」を超え、当麻乗越へズンズン進むと、目の前に川が見えます。

ピウケナイ沢という名前の川で、アイヌ語で「雨の時、流水が襲ってくる川」という恐ろしい語源があります( ̄▽ ̄;)

店長「増水してたら止めようと思ったけど、全然大丈夫だね!(キラキラの笑顔)」

私「え、まじで…?渡るの…?」

ちなみに、川を渡ることを「渡渉(としょう)」と言うんだそうですよ〜。

上の動画は店長ですが、私もなんとか、ゲームオーバーにならずに済みました。

ヘロヘロになりながら、当麻乗越に到着

8:40 息も絶え絶えで、当麻乗越に到着です。

自分は初めて知りましたが、「乗越(のっこし)」とは「峠」という意味だそうな。アイヌ語ではないんですね〜。ちなみに当麻(とうま)はアイヌ語のトーオマナイ(沼に行く川)が語源になっているらしいですよ!

下界を見下ろすと、まだまだ雲海が広がっています。

いざ念願の中岳温泉へ!

退くか?行くか?裾合分岐での迷い

当麻乗越から、また川を渡って裾合分岐についた頃。

正直、体はかなりキツい状態。

ここまでの工程は、約2時間半。中岳温泉までは、残り約1時間半程度。

いろんな方がInstagramでアップしているのをみて、「1度は見てみたいな〜」と思っていたのは事実。

店長「無理しない方が良いけど、どーする?」

私「せっかくだから、行きます!」

重い体を引きずるように、中岳温泉へと向かいます。

紅葉で真っ赤になった、チングルマ群生地

中岳への道中、明らかに周りの景色も変わってきて、紅葉が進んできているのが分かります。

まだまだ良い天気です

この辺りは平らなため、足は相変わらずしんどいものの、そこまで息が上がることはありません。

少し進むと、真っ赤に紅葉したチングルマの群生地がお出迎え。コントラストがたまりませんね〜。

中岳温泉に到着!注意すべき点があります…

10:00頃から雲が出始めました。

進んでいくと、だんだん道がガレガレになってきます。

硫黄の匂いがしてきた頃には、道の真横に川が流れており、明らかに温泉成分で色が変わってます!

期待に胸が膨らみますな〜。

ついに到着!中岳温泉です。

本当に登山道の真っ只中にあります。

結構賑わっていて、何人もの方が足湯をしてらっしゃるじゃありませんか!

ここでまさかの、店長のお知り合いとばったり遭遇。というか、足湯をしてらっしゃる方々がそうでしたw

ご挨拶して、お邪魔することに。混浴タイムです(笑)

温泉が沸いているすぐ脇に川が流れているので、その水を引き込んで温度を調節します。

登山道のど真ん中にあるし、特に敷居もあるわけがないので、丸見えです。ここに真っ裸で入るのは流石に勇気がありませんが、中には気にせず入る猛者もいるらしいですよ(笑)

もうちょっと分かりやすい写真があったらよかったんですけど、知らない人を勝手に撮るわけにもいかず、雰囲気だけでも伝われば幸いです。

ここで、1つ注意点が…。

あまりにも気持ち良くて、出たくなくなります!

しかもこれから、また登山靴を履いて、下山が待っていると思うと、体が思いです(笑)

そこだけは注意点でしたね〜。

スポンサーリンク

膝が痛くなりながらも、無事下山

古傷が傷むし、寒い

中岳温泉を後にして、下山開始。

早々に、学生時代にやった膝が、ついに痛みはじめました。なまりきった体、足の筋肉が落ちているため関節に負担がかかったようです。

この頃にはドピーカンだった空も、雲で覆われて真っ白けです。

さっきまで、日が照っていて暖かかったのがウソのように、歩いていても寒いです。ハードシェルやフリースなどの防寒着は必須ですね。

無事下山!ロープウェイ降り場のレストランで遅めのランチ

13:00 無事に旭岳ロープウェイ・姿見駅に到着!

姿見池周辺は観光客でかなりの賑わいでしたが、残念ながら雲に覆われて旭岳は見えません。紅葉もぼんやり見える程度。

「これに懲りず、また来てくださいね」と思いながら、ロープウェイ乗り場に行ったらまさかの長蛇の列!

並ぶも、一度には乗り切れず、2便目でようやく乗り込み、雲を突っ切って下界へ。

前回の赤岳では、まさかの3回も携帯トイレを使いましたが、今回は一度も無し!山でお昼ご飯を食べなかったのも大きいとは思いますが、唯一成長した部分と行って良いでしょう(笑)

トイレを済ませて、ロープウェイ山麓駅の食堂で遅めのランチ。

またしても、食べはじめてから写真をとっていないことに気づくという間抜けぶり…。食べかけ画像で申し訳ない…。

名物の「ピリ辛味噌ラーメン」はピリ辛ではなく、普通に辛いのでご注意を(笑)

以上、今回の登山は終了です!

まとめ

初めて、登山アプリ(無料)を導入し、自分でも地図やルートを確認しながら登るのは、楽しかったし勉強になりました。YAMAP使いやすかったです、オススメですよ〜。

そして今回は、リハビリも兼ねての登山。

案の定、体のコンディションは最悪で、去年の旭岳並にキツかったです

ただ、今回は初めてキチンとした装備を整えて行ったので、体のコンディションの割にはダメージは少なかったんだろうと思います。

登山靴は大事ですね(笑)

以前購入したソーラー充電器も、活躍してくれましたしね〜。

しっかりとした準備とリスク管理、自分の力量に合った登山を楽しんで、事故を起こさないように1人1人が気をつけていきましょう!

ブログランキングに参加しております。
果たして、現在何位なのか…!?
応援のクリックが励みになります、よろしくお願いします!

ファミリーキャンプランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村

スポンサードリンク