スポンサーリンク

こんにちわ(^-^)

すっかりご無沙汰してました。

今年度は資格試験が盛りだくさんで、なかなかブログのほうに手が回らず…。

 

さて、今回は前回ご紹介した「北海道アウトドアガイド」の試験に晴れて合格いたしましたので、その内容をご紹介していきます!

北海道アウトドアガイドとは?

 日本で唯一の公的なアウトドアガイド資格

北海道アウトドアガイド資格業務センターHPから引用

今回私が合格した「北海道アウトドアガイド」は、北海道知事が認定する資格で、日本で唯一の公的なアウトドアガイドの資格制度です。

資格制度が作られ、知事が認定するという形がしっかりするまでの背景には、多くの痛ましいアウトドアでの事件や事故があります。

制度ができてから数年たちますが、最近はアドベンチャートラベルやアドベンチャーツーリズムなんて言葉もよく聞くようになりました。

Adventure Travel World Summit 2021が北海道で開催されたこともご存じの方も多いのでは?

そんな背景の中、「北海道アウトドアガイド」の重要性と役割が改めて見直されているところのようです。

詳しくは前回の記事をご覧ください。

アウトドアガイドといっても色んな種類があります!

アウトドアと言っても様々な遊びがあるのと同様に、「北海道アウトドアガイド」には色々な種類があります。

北海道アウトドアガイド

・山岳(夏山) ・自然  ・ラフティング

・山岳(冬山) ・カヌー ・トレイルランディング

今回私が合格したのは「山岳(夏山)」。

いわゆる、「登山ガイド」です。

この試験を受けるためには、「北海道アウトドアガイド検定」というものに合格する必要があります。

詳しくは前回の記事をご参照ください。

北海道アウトドアガイド資格試験・筆記

筆記試験は意外と…

前回の「北海道アウトドア検定」の時と同様、過去問などはなく、ただひたすらにテキストを読んで覚えるだけ。

特にこれといった勉強方法があるわけもなく、テキストを何度も何度も読みまくりますw

2021年2月に札幌で試験を受け、無事に合格!

前回の「北海道アウトドアガイド検定」に比べると、個人的には簡単でしたw

出題範囲も狭いし、山の知識と常識がわかっていれば正直全く問題なし。

自分の場合、テキストを3回くらい読めば合格できました。

北海道アウトドアガイド資格試験・実技

実技試験はなかなか厳しいものがありそう…

 

筆記試験に合格すると、実技試験を受けることができます。

試験はまさかの、年に1回のみ!!

場所は、室蘭岳(鷲別岳)で行われました。場所も時期も毎年同じのようです。

試験の内容的は主に下のような感じ。

山岳(夏山)の実技試験の内容

・ロープワーク

・地図読み、コンパスの使い方

・パッキング

・応急処置

・ガイディングのロールプレイ

・各課題(1人2問)のロールプレイ

※装備はそれぞれが自分で考えて持ってくる事とのこと

事前に渡された、試験の概要はこんな感じでした。

正直言って、情報が少なすぎて合格できる気がしない…。

事前講習会は間違いなく受けておいたほうが良い!

試験概要にはこんな文言が。

試験の前日に、勉強会やりますよ~。別でお金かかるけど…

うむ、なかなか良い商売をしてらっしゃる…w

前に試験を受けたことのある知り合いにも「絶対受けておいたほうが良いよ」と言われたので、受けることにしました。

結果的には、「間違いなく受けてよかった!」です。

ある程度の知識(テキストにある内容)は必要ですが、試験に出る内容を教えてくれます。

地図読み、コンパスの使い方、ロープワークなどなど。

ロープワークに関しては、実技試験の近くの公園で実際にやりながら教えてくれます。ただ、ロープに全く触ったことがないとか、基本的なノット(結び目)が全然できないとかは、正直練習についていくことができないので厳しいです

受験する方の約9割が受けてましたが

  • 地図を用意していない
  • コンパスを用意していない
  • ロープの基本的な扱い方がなっていない
  • エイトノットやインクノットができない

などの理由で、軽く怒られている方もチラホラと…。

もしかすると、この「事前講習会」からある程度も見られてたんじゃないかな~と思ってます。

事前講習会のために、事前に勉強しておくのが良さそうw

実技試験本番~思ってたよりも、厳しい試験でした

朝9:00に集合して、前日にグループ分けされた班で試験開始。

受験人数は15名、5名が3グループ。

まずはスキー場ロッジの中で4つの課題をこなします。時間制限があるので厳しい課題もありました。

4つの課題

地図読み(コンパス必須)→時間がなくてかなりきつい

・応急処置→足首の捻挫

・パッキング→用意されたものを、パッキングしていく

・ロープワーク→事前講習会でやったもののどれかが出る、時間がなくて焦ると地獄

続いて、各グループに試験官がついてガイディングのロールプレイ。ガイドとお客さん役になりきって歩きながらガイドをします。

ガイドの途中で試験官から課題がそれぞれ2つ出されるので、それに対応するためのロールプレイングをしなければなりません。

課題例

・低体温症の処置

・川の渡渉

・ホワイトアウト時の対応

・急斜面10mでお客を安全に降ろす

などなど、あくまで一例ですが、ロープの使い方やお客さんへの対応など、事前にしっかり予習しておかないとかなり厳しいです。

虎の巻がめっちゃ役に立ちましたw

実は、3年前くらいに同じ試験を受けた人が近くにいたので、色々と事前に教わることができた私w

ロープワークに関しても、今年度に始めたツリーイングという木登りでしっかり勉強することができました。

→ツリーイングに関してはまた後日記事にしたいと思ってます

こちらがその方が作成した虎の巻!

めっちゃ助かりました、ありがとうございます!!(笑)

→実は試験を受けて僕が作成した虎の巻があります。金額は要相談ですが、欲しい方は「お問い合わせ」からご連絡くださいw

 

これだけ準備をしていっても、試験直後の感覚としては「5分5分かなあ」といったところでしょうか。

無事に一発合格!

約1週間後、HPで発表があり、無事に合格!!

15名中8名が合格したようです。厳しい年もあったらしく、合格率が2・3割の時もあったんだそうな…。

無事合格したものの、「北海道アウトドアガイド」として実際に認定されるためには、指定ランク以上の「救命救急資格」が必要になり、手続きをしなければなりません。

実はこの記事を書いている、12月の頭に野外救急の国際資格である「WAFAハイブリットコース」というものを受講してきました。

まだ手続きはしていませんが、ようやく「北海道アウトドアガイド」として認定を受けることができそうです!

まとめ

受けることを決めてから、約1年半。

狩猟免許の試験と並行しながらだったので、なかなかバタバタしましたが、ようやく認定までこぎつけることができました。

筆記試験はテキストを読み込むことしかできませんが、実技試験は対策が可能です。

対策方法
・事前講習は必ず受けること
・装備や試験内容など、合格した人から色々教えてもらうなどの情報収集がカギになる

虎の巻が欲しい方はご連絡くださいねw

ブログランキングに参加しております。
果たして、現在何位なのか…!?
応援のクリックが励みになります、よろしくお願いします!

ファミリーキャンプランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村

スポンサードリンク